資料請求・お問い合わせ  オンラインショップはこちら 
ホールダウンボルダ20
ホールダウンボルダ20

床・天井を壊さなくても施工ができます

  • 梁から天井までの距離が350㎜程度までなら、天井を壊さずに簡単に取り付ける事ができます。
  • 幅29㎜と細い形状なので使い勝手が良く、ガーディアン・ウォールやガーディアン・シールドの標準柱頭金物として使用しています。
  • 全ねじボルトM12/400で納まらない場合には、全ねじボルトM12/1000で代用ができます。
天井を壊さず施工OK
特許
短期引張耐力
ホールダウンボルダ20
告示
商品名ホールダウンボルダ20
商品コード1925
短期引張耐力20kN

ホールダウンボルダ20有効引抜耐力一覧表

(スギの場合)
同一壁内で併用する壁(準耐力壁)柱部位端部柱
柱間距離1P2P一間
ガーディアン・ウォールのみ
(足し合わせ無し 0kN/m)
910㎜
ガーディアン・ウォール+石膏ボード
(2.0kN/m以下の準耐力壁)
910㎜
施工手順
施工手順1

手順1

ホールダウンフットを横架材側に六角ビス105(HL-H105・黒)4本で取り付けます。

施工手順2

手順2

全ネジボルトM12/400をホールダウンフットに取り付けます。

施工手順3

手順3

ホールダウンボルダ20を全ネジボルトM12/400に通して柱側に六角ビス75(HL-H75・緑)7本で取り付けます。

施工手順4

手順4

全ねじボルトM12/400にナイロンナットを締め付けます。

全ねじボルトM12/1000について
 ホールダウンボルダ20では使用する全ねじボルトM12/400(長さ400㎜、全ねじボルト)では短すぎて施工が難しい場合、別売りの全ねじボルトM12/1000(長さ1000㎜、全ねじボルト)を現場で長さをカットする事で、取り付け位置を調整する事が出来ます。
 取り付けの際は、横架材からホールダウンボルダ20までの距離を30㎜以上空けて施工します。全ねじボルトM12/1000を使用することで全長495㎜~1095㎜まで対応できます。
全ねじボルトM12/400で施工出来る範囲 全ねじボルトM12/400で施工出来る範囲
全ねじボルトM12/1000で施工する場合 全ねじボルトM12/1000で施工する場合
ボルビックの使用方法
ホールダウンボルダ20に補強が必要となる場合、曲げ補強金物であるボルビックを履かせるように取り付けます。
ボルビック
用途ホールダウンボルダ20用曲げ補強金物
商品名ボルビック
商品コード1929

ホールダウン ボルダ20に補強が必要になる開口寸法

(スギの場合)
同一壁内で併用する壁(準耐力壁)柱部位端部柱
柱間距離1P2P一間
ガーディアン・ウォールのみ
(足し合わせ無し 0kN/m)
910㎜30㎝
超え
ガーディアン・ウォール+石膏ボード
(2.0kN/m以下の準耐力壁)
910㎜35㎝
超え
30㎝
超え
お問い合わせ
金物に関する資料請求・お問い合わせなどはこちら 電話番号:048-999-1555(平日9:00から18:00)
FAX番号:048-999-1533
担当:遠藤・関口
なお、弊社内規によりお取引が出来かねる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

↑TOP