ガーディアン・シールド鋼製ブレース
特長1 予想外の地震に耐える粘り強さ!
鋼製ブレースは、伸びて粘る特性を活かし想定内の地震に耐えられるのはもちろん、想定を超える場合の地震には設計で見込んでいないその特性で非常時の力で耐えます。

図で囲まれた部分がそれぞれの壁が持っているエネルギー吸収性能です。囲まれた面積が大きいほど地震に対する抵抗力が高くなります。鋼製ブレースは伸びて粘るので、より大きな地震エネルギーを吸収することができます。
予想外の大地震に襲われても耐えられる粘り強さ
特長2 住みながらの工事で引っ越し不要!
一般的な耐震補強工事の場合、床と天井を壊さないと工事ができませんが、鋼製ブレースは、床や天井を壊さず片面からの工事が可能です。さらに窓がある壁でも窓をふさぐことなくそのまま補強工事ができます。

※注:現場の状況によっては床・天井などの付帯工事を伴う場合もあります。

鋼製ブレースならばこんなにお得
特長3 床・天井を壊さないので低コスト!短工事!
床と天井を壊さないので引っ越し等の手間もなく、住みながらの工事を実現。さらに床・天井を壊さずに工事を行うため、床・天井の撤去費がかからず、工期短縮・低価格・低負担で補強工事ができます。

※注:現場の状況によっては床・天井などの付帯工事を伴う場合や大工手間がかかる場合もあります。

低価格
ガーディアン・シールド鋼製ブレースの評価

(一財)日本建築防災協会

住宅等防災技術評価 取得

東京都

安価で信頼できる耐震改修工法 選定

愛知建築地震災害軽減システム研究協議会

木造住宅の耐震改修工法評価 取得

長野県 既存建築物耐震化評価委員会

既存木造住宅の耐震補強に関する技術等の評価 取得

東京都

木造住宅の耐震改修工法・装置の研究開発プロジェクト 採択

岐阜県都市建築部建築指導課

木造住宅耐震補強工事補助に係る補助対象工法 認定
評価取得・認定・表彰等 

ガーディアン・シールド 鋼製ブレースの取付手順
写真をクリックすると拡大されます。
床・天井はそのままで、古い壁を剥がします。

START

床・天井はそのままで、古い壁を剥がします。

シールドブレースを4隅に取り付けます。

01

シールドブレースを4隅に取り付けます。

羽子板ボルトとターンバックルを取り付けます。

02

羽子板ボルトとターンバックルを取り付けます。

柱と土台の引き抜き補強のためスタンドコーナーゼロを取り付けます。

03

柱と土台の引き抜き補強のためスタンドコーナーゼロを取り付けます。

柱と梁の引き抜き補強のためホールダウンランサーを取り付けます。

04

柱と梁の引き抜き補強のためホールダウンランサーを取り付けます。

ガーディアン・シールド鋼製ブレースの取り付け完了です。

FINISH

ガーディアン・シールド鋼製ブレースの取り付け完了です。

お問い合わせ
資料請求・お問い合わせなどはこちらから
電話番号:048-999-1555(平日9:00から18:00)
FAX番号:048-999-1533
担当:遠藤・関口
なお、弊社内規によりお取引が出来かねる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

↑TOP